Q&A

家庭教師の学習会 Q&A

途中で先生を変えてもらうことはできますか?

はい、できます。例えば算数から始めて、ある程度波に乗ったら国語の先生に交代するということができます。学習会では先生の交代も含めて、計画的かつ積極的に合格を目指すための提案をさせていただいております。

塾にも通わせて大丈夫でしょうか?

はい、大丈夫です。家庭教師の仕事は環境を整理してより効率的な学習環境を作り出すことですから、足りない部分は補足し、不要な部分は削るなどして、塾での学習もうまく活用しながら進めていきます。

家庭教師だけで合格できるでしょうか?

はい、できます。一般的な家庭教師センターに足りないのはノウハウとデータです。学習会では中学受験に精通した教務担当が中学受験をサポートいたします。安心してお任せください。

教材は別に買うのですか?

ご希望に合わせて進めさせていただきます。但し状況や目標、課題に応じて使い分けていく必要がありますので、必要な教材については積極的にご提案させていただきます。

中学受験を経験したことがないので不安です。親は何をすればいいのでしょうか?

具体的には確認作業などをお願いすることがあります。親子間で上手に指導することはなかなか難しいことです。教える必要はありませんが、知ることは大切ですので、その点をご認識ください。

塾と教え方が違うことで混乱しませんか?

一つの解法しか知らない場合は混乱してしまうこともあり得ます。特に中学受験の算数は、複数の解法に精通していることが大事なので、その上で子どもの状況に合わせた学習を進めていかなければなりません。

6年生から受験を始めても大丈夫でしょうか?

6年生からスタートして御三家レベルの学校に合格したケースも過去にありますが、それは状況が整っていたケースです。中学受験は過酷なので、6年生という厳しい時期においては安易にスタートすべきではありません。まず大切なことは今の状態をきちんと理解することです。その上で受験までの計画をしっかり立ててから覚悟をもって臨みましょう。まずはご相談ください。

夏休みだけの指導も可能ですか?

長期の休みはライバルに追いつくためにまたは差を付けるためにとても大切です。夏期講習のような形はとっていませんが、状況と目的を確認させていただいたうえで対応させていただいています。また、夏期、冬期に限らず短期集中での指導もお受けしています。短期集中で家庭教師を利用する場合は目的を明確にすることが肝心です。まずは学習相談をお受けください。

9月の合不合テストで志望校に偏差値が10届きませんでした。
志望校を変えるべきでしょうか?

入学試験で合格得点を取るためにすべきことと、偏差値を上げるためにすべきこととはイコールではありません。ですから模擬試験の結果だけでは何も判断できません。きちんと分析し、合格得点を取るためにすべきことを整理した上で計画が立たない場合には目標の修正が必要となります。単に偏差値が20離れていても問題の傾向と勉強の進み具合によって対策は可能です。そもそも、この時期の偏差値10程度の違いは誤差の範囲であって簡単に上下するものです。

開成中学を目指しています。合格実績のある先生はいますか?

はい、います。家庭教師の指導力は単純に合格実績だけで測れるものではありません。しかし、御三家レベルの指導は経験のない先生では務まりません。学習会では御三家、筑駒や慶應、早稲田の付属校系列校の受験指導及び合格実績を持つ先生を多く抱えております。安心してお任せください。

現在アメリカの現地校に通っています。
帰国枠での中学入試を考えていますが対応可能ですか?

帰国入試は学校によって求められることも大きく異なります。そのため受験の方針の設定が成否に大きく影響します。学習会では受験の方針も含めて積極的にアドバイスさせていただいております。また、帰国入試の経験が豊富な家庭教師や教務担当をご紹介させていただきます。

SAPIXに通っていますが特別な対策は必要ですか?

SAPIXに限らずどこの塾であっても特色はあります。塾のカリキュラムを踏まえてスケジュールを立てています。特に組分けテストなどの結果に振り回されることと、すべてをやらなければならないという意識を持たないようにご注意ください。

高校まである私立の小学校に通っています。外部受験の対応は可能でしょうか?

私立の小学校にお通いの場合、一般的な中学受験よりも制約が多いのが普通です。塾を利用する場合もそうでない場合もスケジュール管理を綿密に進めることで上手にサポートさせていただいております。小学校への対応も含めてアドバイスさせていただいておりますのでご相談ください。