中学受験家庭教師情報サイト|東京

管理体制の違い|中学校受験の家庭教師情報サイト

お問い合わせはこちら TEL:03-6425-9495 受付 13:30~19:00 定休日 土日祝日

管理体制の違い

ストレスなく受験に挑める管理体制

ストレスなく受験に挑める管理体制

多くの家庭教師が抱える悩みをご存じですか? それは「親の理想と子どもの現状との間で板挟みになって困ってしまう」こと。家庭教師の本分は子どもへの学習指導ですが、ご両親の意見を聞いたり、要望に対応していたりと、いろいろと気を回さなければならず、結果として子どもの学習指導に専念できない状況になってしまうのです。

家庭教師が100%学習指導に専念できる環境

学習会では、ご両親への対応は本部の教務スタッフが責任を持って行っています。講師は子どもの学習指導に専念して、100%の力で子どもだけを見られる環境を整えています。

ご家庭と講師の間に調整役となる教務担当がいることで学習指導だけでなくコミュニケーションも円滑になります。何か問題があった場合は「担当は誰なのか」「誰に言えば解決するのか」がわかりにくく対策が遅れてしまうことがありますが、教務スタッフの存在でそのような不安を感じる必要はなくなります。それによって、ご両親も本来すべきことに専念できるようになるのです。講師からご両親に伝えたいこと、ご両親から講師に伝えたいこと、このどちらも教務スタッフが責任を持って対応します。

役割分担をはっきりすることで、講師、お子様、ご両親の全員がストレスなく受験に挑めるようにする。それが学習会の管理体制です。

家庭教師だけでも受験に対応できる教務力

家庭教師だけでは中学受験合格が難しいと言われる理由の1つに、情報不足などの教務力の低さが挙げられます。学習会では、家庭教師にすべてを任せるのではなく、講師の指導を支える万全の教務体制を整えています。それによって講師は指導に専念でき、指導の進捗を客観的に捉えることができるのです。

学校によって求められることは違います。そして、子どもによって特徴は違い、さらにご家庭によっても教育方針が違います。これらを踏まえた上で、塾選びや習い事なども含めた中学受験全体にわたるアドバイスができるのは学習会ならではです。